近頃の話題

« 佐久市の有名店、たいやきの「浪花家」と浅間山 | 最近の話題Topへ | 甲斐市出身の”山県大弐”という学者、ご存知ですか? »

耐震性ある福島市庁舎完成は、大震災のわずか2か月前!

写真は現在の福島市庁舎です。9階まであります。

この庁舎は東北地方を襲った東日本大震災の2か月前に完成したそうです。上層部は柱がほとんどない広いフロアになっているんですが、免震装置のおかげで建物の被害はほとんどなかったそうです。

以前の庁舎は、耐震性にかなりの問題があったようです。それを考えてみると、わずか2か月の差・・。そして今、浪江町の出張所もこの庁舎内に設置されています。

もう1枚の写真は、庁舎7階の議場です。議会が入る西棟をつくる計画が大震災でストップ。そのため、大会議室を議場として使っています。