近頃の話題

« 飯山市の信濃平、上も下も壁も雪のレストラン | 最近の話題Topへ | 災害業務経験者からの被災自治体向け「知恵袋」のご紹介 »

ひな祭りの日。大阪城公園の梅林は咲き始めていました。

大阪城です。金色の装飾が美しい、きらびやかな天守です。

この天守閣は、昭和6年、徳川大坂城の天守台石垣の上に、鉄筋鉄骨コンクリートで再建されたもの。中には豊臣秀吉、大阪冬の陣、夏の陣など、大阪城にまつわる様々な展示物が並んでいました。

最上階から、周囲を眺めることができます。内堀の内側だけでも広い城郭なのに、もし外堀が残っていればと思うと、その巨大さに驚きます。

「大阪冬の陣の真田丸は南側のはず、どのあたりだろう。」となんとか位置を特定しようと眺めるのですが、現在の地図と比較するものがなく断念しました。真田びいきの私としては悔いが残りそうです。

また、アジアからの観光客が多いですね。半数以上は中国、台湾、韓国からの観光客です。でも展示物の説明はほとんどが日本語。もう少し工夫が必要では‥?

写真は大阪城公園の梅林です。

たくさんの人が訪れていました。まだ固いつぼみの梅もありますが、寒紅梅などの早咲き種の開花は始まっています。

写真はその寒紅梅。周囲にはやわらかい梅花の匂いがありました。