近頃の話題

« ダイヤモンドダストが見られる士別市天塩川の風景 | 最近の話題Topへ | ひな祭りの日。大阪城公園の梅林は咲き始めていました。 »

飯山市の信濃平、上も下も壁も雪のレストラン

長野県飯山市の信濃平では、毎年、「かまくら祭」が開催されます。 祭りが終了した会場には、18基のかまくらが並んでいました。

 

実は、祭りは終わりましたが、2月末までなら、夜、このかまくらの中で、「のろし鍋」をいただくことができます。このかまくらはレストランでもあるのです。また、利用料を払えば、料理や飲み物など持ち込んで、自分たちでワイワイやることもできます。

味噌仕込みの「のろし鍋」は予約が必要です。詳しくは信濃平観光協会のHPを見てください。

かまくらの中は、大人が立っても十分な高さがあります。少なくても6~7人は余裕で座れます。ただし、設置されている椅子は3つあるのですが、比較的小さいので、人数が多いときには席を持参したほうがよさそうです。

ろうそくの火が灯るかまくらの中で、皆で鍋をつつけば楽しいでしょうね。