近頃の話題

« 福岡県久山町の梅と、九州大学医学研究の地 | 最近の話題Topへ | 春の強さを感じる光、龍源院(京都市)で見つけた風景 »

これぞ、士別焼きのジンギスカン

羊肉と言えば北海道、羊でまちおこしと言えば士別市です。

長年の挑戦が実って、今や士別市は高級ラム肉の生産地として有名になりました。

その士別市でジンギスカンを食べました。 さすがに、羊肉で有名だけあって、食べさせ方を知っているのでしょう。 海外マトンなのに、これがおいしかったこと!

肉は少しだけ下味が漬けてあり、脂肉の塊や筋はまったくありません。しょうが付きのつけだれで食べるのですが、上質でやわらかい肉質でしかもしっとりしています。

もちろん、羊肉の独特の臭みはまったくありません。旨みをうまく引き出してあって、ヘルシーでいくらでも食べれるジンギスカンです。ジンギスカンは濃い味付けといった印象がありますが、むしろやさしい(とがっていない)おいしさです。

焼く器にも特徴があります。 ジンギスカンといえば、あの真ん中が膨らんだ丸い山のような形が多いですが、こちらは、真ん中がへこんだ皿のようなかたちをしています。

焼き方は、周囲に肉を並べて少し焼いてから中心に野菜を置きます。 こうすると、肉汁が真ん中に集まり、肉汁で野菜を焼くかたちになるのです。 肉汁と肉の下味がからんで焼いた野菜は、ほどよい風味があって、これまた新発見のおいしさ。

これは「士別焼き」とでも名づけた方がいいんじゃないでしょうか!

訪れた店は専門店の「花の友」、平日でも地元のお客さんでお座敷は一杯になります。予約をしないと入れないほどの人気店。でも夜一人なら予約なしでもカウンターには座れると思います。