近頃の話題

« 欄干の文字、読めない!! | 最近の話題Topへ | これぞ、士別焼きのジンギスカン »

福岡県久山町の梅と、九州大学医学研究の地

福岡県久山町の梅です。

わずかですがつぼみが開きかけています。 例年よりやや早いようです。

久山町には、九州大学医学研究院の久山町研究所があります。 http://www.envmed.med.kyushu-u.ac.jp/about/index.html

九州大学では、久山町の住民を対象に40年間にわたり精度の高い生活習慣病の疫学調査(久山研究)を行っています。昭和36年からは、成人病健診を開始して、通常の健診のみでなく、喫煙や飲酒、仕事など多様なデータを蓄積し、町民の健康増進に活かすなど、研究成果を住民に還元しています。

それにしても40年間とは長い期間です。これだけの期間、町民の健康状況を継続して研究する例は少ないのではないでしょうか。健診にもその成果は現れているのではないかと思いますし、生活習慣の病気との関係の解明は、将来にわたって重要な研究・発見へとつながっていくのではないかと思います。

久山町住民の健康に関する意識は高いそうです。

町役場近くの公園に、「健康の碑」を見つけました。