人事評価Q&A

« 部下に対して、仕事面の課題や、能力面の課題を指摘し理解させているのですが、思ったとおりに動いてくれません。どのように対応したらよいでしょうか。 |

人事評価Q&A Topへ

| 人事評価には”公私混同の排除”という原則があるそうですが、どういう意味でしょうか? »

人事評価制度において、被評価者が心がけるべきことは何でしょうか。

被評価者の皆さんも、自ら積極的にかかわることによって、評価制度を意義あるものにしていくことが必要だと思います。まずは、次の3つの点を意識して取り組んでください。

1 評価者(上司)と十分なコミュニケーションをとって仕事を進めていくこと

被評価者が担当する業務に関して、本人が考えて実行したことと、評価者(上司)が求めていたことに違いがあれば、評価結果に納得できるはずがありません。特に年度当初において、どういった仕事をすべきなのか上司と部下が十分に認識を一致させることが必要です。その上で仕事に取り組み、また評価も受けるのです。

また、上司に対して、報告、連絡、相談をしっかりと行って、業務の現状についても、認識を共有理解し合うようにして仕事を進めることも大切です。

2 被評価者も自分の仕事ぶりを客観的に振り返っておくこと

仕事が忙しい状況にあっても一度立ち止まって、これまでの仕事ぶりを振り返ることが大切です。後になって考えると気づくことがいくつか出てきます。「あのときの判断がターニングポイントになったなあ。」、「あのときこの情報さえ入手できていたら結果は大きく違っていただろう。」など、新たな発見があります。人事評価に自己評価を取り入れている事例はたくさんありますが、この自ら「気づく」こと、に期待して実施しているところが多いのです。

また、考えてみると、人事評価では自分の上司が評価者となって、自分(部下)を見てくれるのですから、自分の仕事を客観的に振り返ることは、ひとつの礼儀と言ってもよいのではないでしょうか。

3 上司から評価の理由等をしっかり聴き、自分の能力を高めること

人材育成を主目的とした評価制度では、評価時の前後に行われる育成面談(期末面談)の役割が極めて大切です。この面談の場では、自己評価と評価者の見方をすり合わせ、良かった点、不十分な点を確認し合い、次の期に向けて努力すべきこと等を話し合います。そうすることで、どうしたらよいか被評価者にイメージを与え 、今後に向けてモチベーションを高めるのです。

自分以外の者が自分の仕事をどう見たか、このことを確認するだけでも仕事の参考になりますが、一歩踏み込んで、自分の考えていることを上司に話すなど、面談を前向きに捉えることによって評価制度を意義あるものにしていただきたいと思います。