人事評価Q&A

« 能力評価では、保有能力と発揮能力のいずれを評価すべきでしょうか? |

人事評価Q&A Topへ

| 人事評価制度において、被評価者が心がけるべきことは何でしょうか。 »

部下に対して、仕事面の課題や、能力面の課題を指摘し理解させているのですが、思ったとおりに動いてくれません。どのように対応したらよいでしょうか。

次の3つの事項について、思い当たることがないかチェックしてください。

1 自分の考えを押し付けていませんか

部下に対して自分の考えを伝えるときに、押し付けるような伝え方をしていないでしょうか。特に部下の言い分を聴くことなく、一方的に自分の考えを断定的に伝えているとすれば、部下は十分に理解することが出来ず納得していない可能性があります。

2 部下の状況を認識して話していますか

助言や指導をするときには、まず相手の仕事の現状、考え方、悩みなどを良く知ることが大切です。その上で、本人に現状をしっかりと認識させ、考えさせ、自分で気付くように仕向けていくことが望ましいと言えます。人間は不思議なもので、人に言われると反発心が出やすいのですが、自分で気付いたことは素直に変えようとします。言いたいことがあっても少し我慢して、どういった仕事をすべきなのか、どうしてそれが重要な課題なのか一緒になって考えるようにしてください。

3 問題提示だけで終わらせていませんか

問題の存在を認識させるだけでは、人は動かないことがあります。問題点があることは十分理解しているのですが、どう動いたらよいか見えていないことがあるのです。このような場合には、具体的にどんな行動をしたらよいのかイメージさせる必要があります。人は道筋が見えると行動を起こしやすくなります。どういった方向にどういった内容の動きをしたら良いのか、イメージを共有するように話し合ってください。そして、イメージさせたら、その行動を起こしやすいように後押しします。すなわち、「期待しているよ」といった言葉をかけたり、上司も役割分担をしてサポートを約束したりするのです。