コラム

« ”人事評価制度を導入しさえすればよい”という考え方 | コラムTopへ | 人事評価の導入に伴う昇任昇格基準の改定はしましたか? »

一次評価者と二次評価者、どちらが評価を決める?

一次評価者による評価と、二次評価者による評価に違いがあったとき、どちらが評価を決めることになっていますか?

多くの団体では二次評価者が決めていると思います。では、次のような質問があったとき、どのように説明 しますか?

1 二次評価者よりも一次評価者の方が被評価者の身近にいて行動事実を把握できる立場にいる。二次評価者の意見も十分に聴く必要があるが、最終的には一次評価者が評価を決めるべきではないか。

2 一次評価者による評価のあとに、二次評価者が評価を修正してしまうと、評価結果を伝達する面談の際に、一次評価者は評価結果について納得がいく説明ができないではないか。

一般的に、一次評価は被評価者の直属の上司が行います。一次評価者は日頃から被評価者の仕事の状況等を把握し指示命令をしていますし、被評価者の方からも一次評価者に報告、連絡、相談を行っているでしょうから 、通常は一次評価者の方が被評価者の行動事実に関する情報をたくさん持っていると考えられます。

そのように考えると上記1のような質問があることは当然だと思いますし、また実際に、”二次評価者の意見を聴いた上で一次評価者が責任を持って評価を決めなさい”としている民間企業があります。

しかし、二次評価者が評価を決める方法にもメリットがあります。

最も大きいメリットは、二次評価者は多くの職員を見る立場にいるために、より広い視点から職員の個性、特徴をつかみやすいということです。一般的に、二次評価者は一次評価者の上司がなりますから、より多くの職員の状況を把握する立場にいます。また、一次評価者の評価の癖や傾向をつかみ、修正させる役割が期待できます。

また、上記2の質問ですが、二次評価者が評価を決定したのであれば、評価結果の伝達は二次評価者が行うべきでしょう(少なくとも同席する必要がある)。ただし、二次評価者が修正するにあたって一次評価者と十分に協議して決めたのであれば、一次評価者はその理由を理解しているはずですから一次評価者から伝達しても良いと考えます。

さらに、一次評価の前又は後に、自己評価の理由の確認と一次評価者の見方を伝えるための面談を一次評価者が行い、最終の評価結果は、二次評価者が伝えているところもあります。・・評価時の面談のあり方はまたの機会に述べることにします・・。

最も避けたい評価の決め方は、一次評価者の評価と二次評価者の評価を、例えば、”合算して2で割る”といった機械的な方法です。これをしてしまうと、一次評価者と二次評価者は協議をしていませんから自分の評価の傾向を知る機会がありません。そのため、甘い評価をした人は次期の評価も甘くなり、辛い人は次期も辛い 評価のままとなってしまいます。

特に、人事評価に慣れない導入初期の段階では、まだ評価基準の読み方に差異があったり、行動事実の見方が評価者によって異なるといったことがおこります。協議による評価決定のステップを組み入れた方が良いと考えます。

(注)文中に、評価を”決める”という旨の表現がありますが、ここでは、二次評価まで行って職員の評価点 (又は評語)を決める時点のことを指します。本来の評価の決定は、評価して提出し甘辛の是正等を経たあとになります。